キャッシングは時間によって手数料がかかる?

現在ではキャッシングの借入・返済の際に手数料を請求する業者が一般的となりましたが、この手数料について「時間外手数料がかかることはないのか」という疑問はよく出るものになっています。
実際のところ業者によって手数料の扱いが異なるため一概には言えないのですが、傾向として銀行と提携していて銀行のATMが使える業者の場合ですと、銀行の営業時間外であれば手数料がかかることが多くなっています。
銀行が営業時間と定めている午前8時〜午後6時までの間であれば手数料無料にしているものの、そのあとの午後6時〜午前8時の間になると108円ないし216円ほどの手数料がかかる形になっています。
これは100円、200円に消費税をプラスした価格ですから、今後消費税の増税があればもう少し高い手数料が請求されるようになるでしょう。
ただキャッシングを銀行ATMではなく、各社が設置しているキャッシュディスペンサー式の無人契約機を使ってキャッシングをするということであれば、その無人契約機が使う場合に限って手数料を常に無料としているところもありますから、細かいところについてはそれぞれの契約先に確認することが必要です。
しかしながらキャッシングではただでさえ金利が発生するわけですから、少しでも自分の負担を減らすために手数料がかからないお金を借りる方法を理解してから利用するということは重要です。
いざという時に手数料がかかって損をしてしまったということの無いように、普段から自分が利用する業者の手数料設定がどのようになっているかは確認しておくようにしましょう。