看護師の転職おける面接の重要さ

近年では世界中において医療技術が進歩し、今でも様々な研究が行われているので、今後もその成長は著しいものと期待されています。その一方で、医療機関における人材の不足が深刻化していて、看護師もその例に漏れることはありません。そのため、看護職に付いている人は貴重な人材なので、他への転職は比較的容易だといえます。転職の際に必要になるのは、それまで看護の現場で働いてきて培った知識や経験はもちろんですが、一番は仕事に対する熱意や情熱がどれ程あるのか、ということです。近年では医療機関における様々な不祥事が起きているので、なおさら仕事に対する思いは重要視されています。そのため、採用試験では能力や経験を見つつも、面接においての人柄や熱意などを重視する医療機関が増えてきました。貴重な人材なので転職が容易とはいえ、働く場所が変わってもプロとして働くことには変わりありません。患者をいかにしてケアするか、満足して病気からかえってもらえるかなど、その思いを面接において伝えることが重要です。この傾向は新卒の就職対策にも現れており、看護学校や大学の看護部などでも、面接の対策に力を入れるようになってきました。熱意や情熱を伝える際には、考えたことを丸暗記していくことは避けましょう。ある程度の要約を考えるにとどめ、あとは自分の言葉で伝えることが大切になります。丸暗記して機械のように話すよりも、ずっと印象がよくなり、採用される可能性が高くなるでしょう。
看護師転職徹底比較ナビ|より環境の良い病院を探しているあなたへはこちら